美容とたばこについての関係を知っておこう

女性の喫煙率はおよそ15パーセント

美容について気にする人の多くは女性ですが、女性の中でも美容を気にしながらその反面たばこを吸っているという人が少なくありませんね。データで見ると、20歳以上の女性のうち喫煙者はおよそ15パーセントほどです。つまり、美容について考えている人のうちおよそ15パーセントはそれに反することをしているということになります。女性の喫煙率は50年前と比べるとおよそ5パーセントしか減少していません。不思議ですがこれが現実的な数字なのです。

たばこが美容に悪い理由とは何か

たばこを吸うということは、美容を気にして生活している人であれば、矛盾していることをしているのです。どうしてたばこは美容と矛盾するのでしょうか。その理由の一つに、たばこによって体内に活性酸素がたまり易いという理由があります。活性酸素が体の中にたまると細胞の若返りが期待できなくなります。つまり、活性酸素によって体の中の細胞の寿命を短くしているような物なのです。実際にたばこを吸っている人と吸っていない人の肌を比べると10歳ほどの肌年齢の違いがあるのです。

この矛盾をどう解決するか

たばこをすることが美を求めることと相反する関係であることがわかった以上は、この二つの矛盾を解消しなければなりません。一つは美容にこだわるのはやめることです。ですが、女性で美容にこだわりが全くない人はいないのではないでしょうか。そもそもそれは性に反するため、難しいでしょう。逆にたばこをやめることならできるかもしれませんね。たばこをやめるのは大変ですが、3日我慢できれば後はやめれる確率はグンと上昇します。まずは3日我慢することです。

品川美容外科の判例について調べる